AVOグループについて

AVOカーボンは、この領域に於いて80年に亘り卓越した実績を重ねてきました。

カーボンロレイン、スタックポールカーボン、AVO、カークウッドカーボン、そしてECS等のこれまでの業界リーダの強みと知識を集約することにより、AVOカーボンはカーボンブラシとそのアセンブリィの、優れたノウハウと実績を集結しています。

歴史 ー 80年に亘る卓越した実績

1930 – ドイツでのカーボンブラシ製造の始まり

1968 – フランスのアミアンにブラシの生産施設がオープン

1989 – USAでストックポールの買収(ブラシ)

1994 – メキシコのモントレーに組立て工場を立ち上げ

1996 – インドのマドラスカーボンの買収(ブラシ)

2001 – フランスとチュニジアのAVOの買収(ブラシホルダー)

2002 – 中国の崑山に工場をオープン(ブラシホルダー)

2003 – カークウッドカーボンとのジョイントベンチャー(ブラシ)

2008 – ブラジル工場のドイツ工場への移転を開始、中国の崑山にてチョークコイルの製造を開始

2009 – カーボンロレインが自動車関連のビジネスから撤退。AVOカーボン2009年5月1日に創立。

2009 – 元ECS韓国とECS中国の資産を買収、2009年10月1日

2016 – 年間、10億個のブラシ、200百万個のブラシホルダアセンブリイ、そして150百万個のチョークコイルを生産

 

製造

AVOカーボンは、アメリカ、ヨーロッパ、中央アジアそして東アジアをカバーする7カ国、9 製造施設を運転中。

  • モータ用カーボンブラシ製造 | ブラシホルダ組立て| インダクタ
  • ブラシ開発センタ | ブラシホルダアセンブリ開発センタ | チョークコイル開発センタ